ヤミ金からたすけて!その願いを叶えてくれるのは無料相談出来る弁護士!

ヤミ金融業者からたすけてください!

 

これは、本当に闇金から借金してしまった方の多くの願いでもあります。
実は、ヤミ金からお金を借りた経験がある人って、意外と多くいるのです。

 

「利息しか払えずに元金が減らない」
この程度はまだマシな方で、

 

「利息が期日までに払えない」
こうなると、ヤミ金融業者の
「嫌がらせ地獄」に
陥ります。

 

ヤミ金の怖さはなんだか分かっていても、それはテレビドラマの中のことで、実際には消費者金融に毛が生えた程度でしょ?
って軽々しく見ているととんでもない目に合いってしまいます。

 

このページをご覧になっている方は、おそらくそういう現実を少なからず知っている方が多いことでしょう!
ヤミ金融はどういうものなのか少しだけ触れておきます。

 

闇の金融と言われるくらいなので、恰も法律など関係ないかのように
水面下でうごめいているのが闇金です。

 

たとえば金利ですが、出資法という罰則のある法律に違反して、高金利で貸付し、暴利をむさぼります。

 

出資法で定められている上限金利は年率20%です。
が、闇金融業者の場合は例えば「トイチ」といって
10日で1割の利子という、とんでもない金利で融資します。

 

これがどれほどふざけた金利かというと、10日で10%は、30日だと30%、1年つまり年率でいうと300%を超えるという計算になります。
法律で決められている上限が年率20%なので、とんでもない水準なのかが分かると思います。

 

もちろん、違法なのは金利だけではありません。

 

取り立ても完全に法律を無視した行動を取り去るのですが、
たとえば、夜間に何十回も電話をかけてくる自宅に大勢で押しかけて喚きちらす

 

勤務先に督促だと分かるように嫌がらせの電話をかける
これらはすべて法律で禁止されている行為なのですが、そんなのお構い無しにガンガン嫌がらせをしてくるのが闇金です。

 

さらにエスカレートすると、子供が通っている学校の校門の前で待ち受けぶせ講じる等々、テレビドラマで確かめる以上のことを平気でやってきます。

 

ココでは書ききれないほど闇金の怖さは他にもたくさんあるのが実状なのです。。

 

「闇金の危うさは、お前に言われなくとも分かっているよ!」
と言われてしまうかもしれませんが、総量規制を通じて正規のルートでお金を借りにくくなるとワラにもすがる気持ちになって、手を出してしまうのが人間なのです。

 

 

このページでは
「ヤミ金の嫌がらせ地獄」
から、大勢の方を救ってきた救世主のような存在である、
「ヤミ金からたすけてほしい人に特化した弁護士&司法書士」
をご紹介します。

 

闇金融は身近なところに見て取れる

「闇金の怖さは分かっているから、俺はそんなトコから借りないよ!」
と思っていても、実は闇金融業者は身近なところに存在します!
実際に、ヤミ金被害にあった方の多くは、
「闇お金融業者だとは思っていなかった」
などと無意識の間にヤミ金に借りていた方も多いのが実情です。

 

たとえば、雑誌やスポーツ新聞などの広告にも掲載されています。
ヤミ金は水面下の業者なので、まさか雑誌やスポーツ新聞といった公の紙面に存在を描き出すはずがない。
などとちょっとした油断から、

 

広告を出せる=資金力がある

 

などと無意識に安心してしまいますが…
実はかなりの高確率でヤミ金が紛れ込んでいます!

 

自宅のポストに投げ込まれたチラシや、電話ボックス、電柱に貼られた告知ポスターも注意が必要です。

 

電話ボックス、電柱に連絡先の携帯電話番号を記載した張り紙やチラシを見たことがあるかもしれませんが、それは090金融と呼ばれていて、100%間違いなくヤミ金です!

 

貸金業法では、業者が広告を押し出す場合には本当に
固定電話番号を掲載しなくてはいけないことになっているので、
携帯電話で受付を行っている時点でその業者は貸金業登録をしていない違法業者です。

 

貸金業登録をしているかどうかは、金融庁のホームページで探し出してもらえます。
貸金業登録番号を持っていれば安心できるかというと…
実際はここにも落とし穴があります。
架空の番号を掲載したり、登録番号を持っているヤミ金もいるので安心できません。

 

やはり、
あまりにも簡単に借入できそうな印象を感じたら、疑ってかかって下さい。 

ヤミ金に手を出す前に検討すべきこと

ヤミ金から借入をする以外の選択肢も紹介したいと思います。

 

人によって状況が異なるので、誰も助かる方法ではないかもしれません。
ここに書いた方法でどうしても食い止められるように頑張ってほしい、という気持ちで書いています。

 

審査通過率の高い大手消費者金融から借り上げる

 

すでに申込みブラックの状態の人にはおすすめしませんが、大手消費者金融を選択肢のトップに考えましょう。
ただ、どこも良いというわけにもいきません
手当たり次第に片っ端から申し込んだとしても、それは時間の浪費にしかならず、申込みブラックにもなります。

 

法を守っているか、無視しているかの違い

 

消費者金融というヤミ金の違いをざっくりと解説するなら、
法律を守りながらお金を貸してくれるのがプロミスやモビットといった大手の消費者金融
そして、
法律を無視してトイチ(10日で1割の金利を請求始める)などの法外な利息ででお金を貸すのがヤミ金となります。

 

消費者金融…法律によってお金を貸してある業者。
サラ金…過去、使われていた消費者金融の呼び方
街金(まちきん)…小規模な消費者金融。違法業者であることも。
ヤミ金…法律を無視してお金を貸す業者。
といったイメージです。

 

ご覧のように
消費者金融=サラ金
ではありますが、
消費者金融=ヤミ金
ではありません。
 

 

合法的な金融業者=消費者金融
違法な金融業者=ヤミ金

 

街金と呼ばれるようなところは、どちらにも明確には属していない、
「グレーな業者」
であることが多いです。

 

法律に従ってお金を貸してくれる良心的な街金業者もあれば、相当ブラック側の傾向が強いところもあります。
その見極めをする自信がない方は使わないほうが無難でしょう。

 

借用書の
「年利」
の部分にも注意しましょう。
これが20%までのところは合法です。

 

年利の欄がなかったり、空白である場合は論外です。
100%、ヤミ金であると考えましょう。

 

ここまでで合法的にお金を貸してくれるのが消費者金融で、違法にお金を貸すのがヤミ金です…
というところまではご理解いただいたかとは思いますが、それでは、消費者金融でお金を借りることは本当に安全なんでしょうか?

 

正直なところ、中小の消費者金融については、法律によってお金を貸しますよ…
とは建前上のことで裏ではかなりグレーなことをやっている会社もあります。

 

ただし、大手消費者金融と呼ばれる、アイフル、アコムあたりならば、銀行からお金を借りるかのように「ビジネス」としてお金を貸してくれます。

 

・大手消費者金融:銀行のようにお金を貸してくれる
・名前を聞いたことも無い中小消費者金融:グレーな場合も多々ある

 

大手消費者金融からお金を借り入れる場合
みなさんが想像しているような夜中にパンチパーマの恐いおじさんが家のドアをたたくとか、1日100回以上も携帯電話に着信が入っているとか、外国人と偽装結婚させられるというようなことはありません!笑

 

しかしその反面、ヤミ金業者は違法業者なので、そういう法律で禁止されている嫌がらせ満開の厳しすぎる取り立てをしてきます。
もし、ヤミ金だとわかっている業者に今から借りようなどと思っている方は、絶対に利用しないでください!
本当に人生の終わりが来たような経験をすることになります!!

闇金の嫌がらせを押さえつける唯一の対処法は闇金対策の専門家が対応すること

闇金の嫌がらせを抑える唯一の対処法

 

闇金の嫌がらせや取り立ては、法的にやめさせることが出来るのを知っていますか?

 

闇金融業者は、違法な高金利でお金を貸し付ける悪質な業者です。
過去の裁判の判例にも
「違法行為を行っている闇金について消費者が借りたお金の金利だけでなく、元金すら払う必要が無い」
という判決が下されているのです。

 

ただし!
いま存在している闇金融業者は、このような事も全部理解しています。
その上でその情報を知らない人たちをターゲットにしてお金を貸し続けているのです。。

 

闇金からお金を借りていらっしゃる人自身が、闇金に対して
「違法行為をしている闇金に返済始める必要はない」
と言ったら、闇金業者は逆上して何を仕掛けてくるかわかりません!

 

ヤミ金融業者だってその道のプロなのです。
中途半端な知識で対抗しようものなら、容赦のない逆襲に転じてくることでしょう!
それを苦にして、大切な命を断った人が世の中にどれほどいるのか?

 

闇金の嫌がらせで悩んでいるのであれば、それでは闇金対応の実績を数多く有する、法律の専門家に相談することが一番なのです。
弁護士や司法書士でも、その道に特化した「プロ」に任せましょう!
法律の専門家の中でも、闇金対応の実績が無い場合、闇金の嫌がらせの手口や恐ろしさを理解していないので、闇金に隙を作ってしまい非常に危険な部分もあります。
弁護士先生にも案件によって「得手・不得手」が存在します。

 

闇金業者は自分たちがやる事は違法行為だと知りながらやっている確信犯です!
その対応実績があるプロフェッショナルに相談することが重要なのです!。

 

あなたが忌まわしいと思っていることを、とにかく相談してさい。
実績がある法律の専門家は無料で相談できます。
※通常は弁護士と話をするだけで
「相談料1時間1万円」
などというのが普通です。

 

あなたの現状を無料相談することによって、自分にとって、家族にとって、何をどうすれば一番良いのか一緒に考えてくれます。
闇金に手を出してしまったら、出来る限り早く、闇金の専門家に相談することが大事になります。
金利を払い続けていて、嫌がらせが始まっていない人も相談してください。

 

あなたの人生を取り返すために、勇気を出して無料相談を!

ヤミ金からたすけてもらうには実際にどの程度の費用が掛かるのか?

ヤミ金にお金を借りていて、お金のない状態なので、法律事務所に相談できないと考える方も多いようです。

 

ですが法律事務所によって、依頼主の負担を少しでも軽減できるように分割の支払いに対応を通じていただける事務所もあります

 

目安として、法律事務所では1社の解決5万円前後が目安となります。
今、ヤミ金業者に返済をしているのなら、アッという間にヤミ金問題解決のプロに相談をし、費用を支払ってしまう方が間違いなくあなたの生活にとってプラスとなるでしょう。

 

あなたと同じようにヤミ金で悩んでいる方の解決事例が法律事務所ホームページにも紹介されていますので是非ご覧になってください。

 

http://duel-lawoffice.jp/

 

闇金業者は必ず怖い集団で人の皮を被った悪魔といっても過言ではありません。

 

返済が多少なりとも遅れれば、法律で禁止されている時間帯に鬼のような電話攻撃をしてきたり、会社への返済催促の電話や親族にもくどい嫌がらせをしたりするのが当たり前です!

 

「闇金融ウシジマくん」というマンガがあるのですがそれを見るとちゃんと闇金業者は怖いということがわかります。
もちろんフィクションではあるのですが、本当はマンガのモデルとなった人は実在していてあながちこういうマンガで書かれていることは嘘ではありません。
ウシジマくんのモデルとなった貸金業者はお金を借りて掛かる本人が会社に出勤したのを見計らってから家に行き家族に返済を早くするようにといった綴った手紙を手渡す。
これを毎日のように増やすということが書いてありました。毎日こんなことをされたら正に怖くなってしまいます。闇金の金利は実に法外なもので普通に返済することは正直いって難しいです。

 

闇金への返済、次回分は仮に準備できるから、それを払ってからどうするか考えようかな…

 

毎回取り立てが恐ろしいのはわかりますが、こんな風に先延ばしとしていたらいつまで経っても解決しません。

 

闇金被害は時間が経つによってつぎつぎ悪化し抜け出せなくなってしまいます。
 
死を覚悟する前に法律に沿った方法で闇金被害を断ち切りましょう!

 

法律に沿った方法で、といった書きましたが特に専門的な知識は必要ありません。

 

する事は極めて簡単!法律の専門家です司法書士や弁護士に全てを寄り掛かるだけでOKです。

 

法律の専門家が受任する事で、闇金業者は債務者にコンタクトを並べることができなくなります。

 

これは貸金業法も決まっていることなので、もしも司法書士などから受任通知が届いたものの闇金業者が取り立てを遠退けなかったり嫌がらせを続けたりした場合、違法行為として訴訟の対象となります。

 

裁判ともなると今までの違法金利での貸付や他の債務者への脅迫まがいの取り立て行為なども細く調べられて有罪判決がくだる事になります。

 

闇金業者も刑事罰を受けるのはできるだけ避けたいので、法律に沿った方法で交渉を通じて現れる面倒で高リスクな債務者には全然深入りしないようにしています。

 

司法書士や弁護士から受任通知が届いた次の日には闇金からの連絡がパタリと無くなってつらい取り立てから解放されたという例がたくさんあります。

 

 

弁護士の方が司法書士よりも強そうだけど、なんで司法書士?

 

弁護士と司法書士では訴訟の時に大きな違いが出てきます。

 

弁護士は代理人として訴訟に対する全ての手続きができるのについて、司法書士は訴訟の時も同行してサポートをするくらいしかできません。

 

ですので本格的に裁判を通じて勝利したいと思っている人は弁護士を使うのが良いでしょう

 

ただ、闇金問題にあたって積極的に動いて受け取る弁護士事務所はいとも低く、見出すのがなかなか大変だったりします。
闇金ものの面倒な業者を相手にするよりもずっと楽な案件を優先して取るので相談をめぐっても結局断られる事も多々あります。

 

その点、司法書士事務所は弁護士に比べて闇金問題に対して積極的に動いてもらえる所が多く、闇金問題を専門的に取り扱っている事務所もあるぐらいだ。

 

また、2003年に制度が見直された事で、司法書士も140万円以下の交渉権や訴訟代理権を持つようになり
闇金被害を通して掛かる人の手助けをしやすくなったというのも司法書士が闇金問題に積極的になった要因の一つかと思われます。

 

http://legal-expert.jp/

 

結局のところ弁護士それでも司法書士も闇金業者において受任通知を行い、闇金→債務者の流れを闇金→弁護士・司法書士に戻るだけの話なのでどちらによっても闇金問題は解決します。

 

ただ、弁護士の場合30分の相談だけで5,000円の相談料が発生するところが多く、相談した結果結局受け付けてもらえなかったという事もあるので、
費用の事を考えても闇金相談基本無料の司法書士事務所に依頼をした方が好ましいという事ですね。